Home日記 | めばるing | アジing | オフショア | サーベリング | エギング | ワンコ | 渓流釣り | チヌ | カマス | シーバス | 根魚 | フラット | 鯛ラバ | ショアジギング | テンヤ 
PROFILE

charge チャージ

  • Author:charge チャージ
  • 釣り好きにジャンルなんて関係ない!
    楽しむために釣りを愛する仲間の集まり
    Enjoy Fishing Team Liberty 代表 


    広島県在住
    1966年式
一釣一善ステッカー
Maker's Links

Daiwa
seaguar
stanss
GLAD
FAVORITE

レジャーフィッシング


愛裕南丸
Comments
Login
スポンサーサイト
Updated on --/--/--(--)   Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
市内河川 コノシロ型 インフルエンザに参加してきました!
Updated on 2008/11/29(土)   Category: シーバス
毎夜 広島市内河川で猛威を振るうコノシロ型インフルエンザに感染した患者は数え切れないほど…

このウイルスは非常にたちが悪く、感染して高熱にうなされながらも
毎夜ウエーダーを着用して入水してしまう、たいへん恐ろしい病気だ。

幸い私は小魚ハンターなので、このウイルスの影響は受けてないのだが
私の周りにも感染してしまった患者は多い。

ところが最近、広島でも五指に入るランカーハンターRHさんとお会いする機会があり、
いろいろこの病気について伺ったところ、どうやら空気感染したのか?
私にもコノシロ型インフルエンザの前兆が現れだした…(-o-;

この病気の恐ろしい所、それは感染してしまうと我慢できないというもの。
早速、釣友のヨッシーさんをお誘いして、数ある広島市内河川の中でも
最もベイト反応が濃いと言う噂の河川に出かけてみました。

いざ本番!となると、やはり恐怖心が先立ってしまい、
ワクチンの代わりに呉市内で1時間ほどアジングして本番に臨みました。




ワクチンも効き始めたところで、いよいよウエーダーを着用して入水ポイントへと向かいます。

しかし驚いた事に、そこには入水潮位を待つ患者の人だかりができています…(;´Д`A ```

情景として、早朝のパチンコ店で開店を待つ若者の列のよう…(~_~;)

しかも何かの取材でもあるのだろう、カメラマンを引き連れてのアングラーも居るようだ。

ここで私たち2人は近寄ってウイルスが感染しないように、しばらくの時間ベンチで休憩する事にした。

30分ほど待っただろうか、取材クルー同行のアングラーが入水したのを皮切りに、
いっせいに患者たちが河川の中ほどを目指して入水していきます。

それを見て、私たちも取材の邪魔にならないよう最も離れた場所に立ち位置をとった。

キャストしてビックリ!

ロッドから手に伝わる「ゴツン・ゴツン」は全てコノシロ!

投げても投げてもコノシロが引っ掛かって上がってくるほどだ。
やはり恐ろしいコノシロ型…(; ̄ー ̄川 アセアセ

入水から10分ほど経過した時だった!
なんと!居並ぶランカーハンターたちを差し置いて、私に最初のシーバスが釣れちゃいました。



サイズはぜんぜんコノシロ型じゃないのですが、小魚ハンターにふさわしい大きさです。(笑)

ストリンガーを持参してなかったので、オーシャングリップに繋いだままキャストを続けていると、
私の下流のアングラーに大型のシーバスがヒット!
無事に取り込んだ魚を引きずりながら上がってきたアングラーを見てビックリ!
釣友のサップちゃんでした!



このシーバス、15cmのミノーを丸呑みしてました。



現場での出会いに驚き、早速私の小物と並んで写真を撮っていただきました。



滅多にないことなので、ビクトリークロスも!(爆)



その後、私の上流に立つアングラーに強烈なバイトがあり、
その方のあまりにも可憐なやり取りに見惚れて、少し近付いてみると
この方でした!



広島で五指に入るランカーハンター RHさんだ!

なんだか上流からオーラを感じてたんだよね~(^^;;

この後、惜しくもフックアウトしてしまい、ランディングには至らなかったのだけれど
ランカーハンターのファイティングシーンを間近で見れただけでも価値あるものでした。

続いて下流のサップさんに再び強烈なバイト!

これは釣りどころではない!と、カメラを片手に暗闇の河川内を走る走る…(爆)

ファイト中のサップさんです。



そして無事にキャッチ



これもナイスなサイズのメタボシーバスでした。



この画像を撮影してる最中でした。
下流で慌しい動きが見られ、よく見るとヨッシーさんがロッドを曲げてます!
またもや暗闇の河川内を走る走る…(大爆)



この人がイエローのジャケットを着てきた理由が分かった!

暗闇に映えるね~アクオリアのスターライト

ヨッシーさんが無事にランディングしたところへ、サップさんが祝福に来てくれました。



いいよね~人の釣果を祝福してくれるアングラーって

早速並んで写真を撮らせていただきました。



ヨッシーさんのシーバス持ち画像は滅多に見れないので、
サップさんも念入りに撮影していました。(爆)



その直後、少し下流で頑張っているアングラーに慌しい動きが見られたので、
またまたカメラを手に暗闇の河川を走って近寄ると、
これまた釣友のランカーハンターTURUさんじゃないですか~(笑)



さすがにランカーハンター、あっという間にキャッチしちゃいます。



サイズに不満があったようですが、私から見ればじゅうぶん大きいですから~(笑)



横向きでも撮らせていただきました。



いやいや~この病気恐ろしいですわぁ~(;´Д`A ```

こんなに面白いとは思いませんでした。

私がウイルスに感染する事は無いと思いますが、

重症患者の気持ちが少しだけ分かる気がする、そんな素敵な夜でした。

また明日からはメバルやアジで楽しむぞ~


              にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ



今回、数回のバイト&フッキングを得られながらも、残念ながらランディングできなかったお二人の画像で終わります。

ごっちさん RHさん お疲れ様でした~





スポンサーサイト
2008.11.29 Sat | シーバス | TB:0 | コメント:10
シーバスを釣るってことは…
Updated on 2008/05/31(土)   Category: シーバス
私はシーバスを語らない!
また語る資格も無い。

私の地元 広島ではシーバスFを語る上で欠かすことができないのがリバーシーバスFであり、
干満の差が大きい瀬戸内海ではシーバスの捕食タイミングを読み、
タイミングを計算して釣行することは、釣果を得るうえでも怠ることができないファクターである。

私の友人であり、地元では最も尊敬するシーバスアングラーRHさんは
シーバス捕獲数1200本と言う驚くべき結果を出されている。
これも睡眠時間を削り、許される自分の時間を全てシーバス釣行に費やし
年間の釣行回数300日以上を重ねた上での結果である。
それゆえに昨年の秋に手にされた104cm 9kgのシーバスは彼にとっても納得の一匹と言えるだろう。

 

全国紙などで活躍されているアングラーにも尊敬できる方は多いし
またそれぞれの方が同様に自分の時間を費やして結果を出されている。

ところが、残念なことに過去の実績と経験のみでシーバスを語る方がおられるのも事実だ。
広島では少し有名なアングラーにも当てはまる方がおられる。

シーバスって魚を語るには表面だけでは装いきれない経験と実績が必要で、
公表されていないだけで、私の周りにも連日の釣行を重ねて結果を出されているアングラーはたくさん居るのも事実だ。

言い訳であるが、毎朝4時に起床する私にはリバーシーバスの動向を把握するだけの釣行を重ねるのは無理な話しで、それゆえに自力ではシーバスを釣った経験が無いわけだ。




さて、昨日の渓流帰りのこと

久しぶりに釣れた良型のアマゴをRHさんに食べていただきたく持参したところ
たいへん喜んでいただき、御礼にシーバス釣行に同行させてくれると言う。

この日の私は残念なことにシーバスロッドとリールを車に積んでおらず、
せっかくのお誘いも涙を呑んで断るしかなかったのです。
ところが心優しいRHさんは惜しげもなく自分のロッドとリールを貸してくれると言う
これ以上お断りする理由も無く、またまた直接シーバス釣りを教えていただけると言うことで
喜んでシーバス釣行に同行させていただいた。

なんて言っていいんだろう?
この人の指示は毎回適切だ!
先月号のレジャーフィッシングにも掲載されていたウエーディング入門記事でも同行させていただいたのだが、
入水経路や危険箇所、立ち居地からキャスト方向までも的確に指示してくれるのだ。
おかげで初めてのウエーディングにもかかわらず2本のシーバスを釣り上げることができたのだが、
昨日の釣行でもRHさんの優しさと思いやりをくみ取ることができた。

入水地点からポイントまではウエーディング時においての注意点や狙いどころなどを細かく教えていただき、
いざポイントに近付くと、「自分はこちら側を釣るから、チャージさんはあちらでこのようにして釣ってみて下さい」と
いつもながら的確な指示もしてくれると同時に、いわゆる一等地を譲ってくれるのだ。
この人のこのような心遣いが大好きだ。

もちろん私も全力で楽しませていただき、結果を出せた時には温かいハイタッチで迎えてくれる。

私も初心者との釣行は幾度と無く経験はあるが、自分がここまで満足してもらえるガイドができているのだろうか?疑問に思う。

さて、昨夜の釣行であるが、
私自身 初めて手にするランカーシーバス(タイリクスズキ)83cm 5kgを手にすることが出来た。
もちろん実力で釣れたのではない!
全てRHさんと同行してくれた釣友TURUさんのおかげである。

少しだけシーバスFの面白さが解かりかけてきたが、まだまだ自力で釣れる日は遠そうだ…(-o-;

いつかきっと!? RHさんとシーバスについて語られる日が来ることを願いつつ
広島のリバーシーバスを追い求めてみたいと思う昨夜の釣行でした。

ありがとうRHさん

ありがとうTURUさん

ありがとうランカーシーバス。







にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ
2008.05.31 Sat | シーバス | TB:0 | コメント:11
ホーゲー
Updated on 2008/04/27(日)   Category: シーバス
チームメイト HIRO君とシーバス釣りに!

サクッと釣るHIRO君




めっちゃ嬉しい一匹でした…(~_~;)




シーバス釣りって楽しいね~ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
2008.04.27 Sun | シーバス | TB:0 | コメント:4