Home日記 | めばるing | アジing | オフショア | サーベリング | エギング | ワンコ | 渓流釣り | チヌ | カマス | シーバス | 根魚 | フラット | 鯛ラバ | ショアジギング | テンヤ 
PROFILE

charge チャージ

  • Author:charge チャージ
  • 釣り好きにジャンルなんて関係ない!
    楽しむために釣りを愛する仲間の集まり
    Enjoy Fishing Team Liberty 代表 


    広島県在住
    1966年式
一釣一善ステッカー
Maker's Links

Daiwa
seaguar
stanss
GLAD
FAVORITE

レジャーフィッシング


愛裕南丸
Comments
Login
スポンサーサイト
Updated on --/--/--(--)   Category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
岩魚Day
Updated on 2006/05/28(日)   Category: 渓流釣り



予てから日曜日は山陰に行ってエギングしよう!って決めたたんですが、
釣友の数人から「かなり渋い!」って情報が入ってくるし、
日本海に低気圧があったので、急遽釣行を取りやめて自宅でのんびりしてた。

しかし、やはり“超”がつく釣りバカは日曜日に自宅でのんびりできるわけもなく、
ペリカン君にメールを入れると「今から渓流に行く!」とのことでしたので
「すぐに行くから乗せてけろ!」と返信した。(自爆)

現地に着いたのは12時でしたが、絶好の釣り日和と言うか、
小雨が降ってる状況でしたので、先行者も無くポイント選択に苦労はしなかった。
水温は12度で、雨の影響で増水してます。

早速前日の続きを探ってみたが、エリアの違いなのか?アマゴの姿は乏しく、
2km程釣りあがってもアマゴが3匹と寂しい釣果でしたので、
「やはり日曜日の昼からの釣行は無謀だったか?」と思い3時頃移動してみた。
次に行ったポイントは、いかにも本流アマゴが出そうなポイントで、
本流ゆえに雨の影響で多少濁りもはいっていました。

ここはペリカン君が頻繁に通ってる場所で、ポイントは熟知してるとのことでしたので、
ガイドをまかせ後に付いて入渓してみた。

先程までの源流とは違い、ポイントも広いし水量もある!
迷わずタックルハウスのバフェットを選択して小刻みなトゥイッチを入れながら攻めてみると、
元気のいい良型の岩魚がアタックしてきた!


近年、岩魚をねらって源流部へ入渓するも
いままで岩魚しか釣れなかったポイントにはアマゴが定位してるし、
岩魚など釣れるはずもない本流の下流部に岩魚がたくさん定位してる!
原因は解からないが、釣っててもなんだかおかしな気分になる。

それからは怒涛の岩魚ラッシュで、釣れても釣れても岩魚ばかりだ!



釣りだから魚が釣れるのは面白いのだが、釣れすぎるのは・・・である。(;´Д`A ```

結果19時まで釣りあがって、岩魚24匹 アマゴ3匹で終わりました。

しばらくは岩魚を見たくありません・・・(笑)

良型のアマゴをヒットさせたペリカン君です。


本流部は水温も14度以上ありますので、釣果もかなり安定してきてるようです。
6月に入ると鮎釣りが解禁になりますので、朝早く入渓するか、支流を狙ったほうが良いと思われます。
スポンサーサイト
2006.05.28 Sun | 渓流釣り | TB:0 | コメント:9
アジを求めて・・・
Updated on 2006/05/27(土)   Category: アジing
今週の休みはぐっさんの船で青物を狙って出撃する予定でしたが、
あいにくの悪天候で中止となり、暇になった私はせっせとエギングの準備をしていた。
そこへ友人からタイミングよくメールが届き、「あじing計画中」とのこと
奥様にはイカを釣ってくる旨を伝えて、とりあえず聞いてみた!

「イカとアジとどっちがえぇ~?」
「イカはいらんけ~、アジを釣っといで!」
「へへ~~m(_ _)m」

ってことで急遽友人の車に同乗させてもらい西の島へと出かけた。

昨夜は風も強く雨の予報だったので釣り人は少ないだろうと考え
ゆっくり目の出発で、現地についたのが日付も変わろうかと言う時間でした。
着いてみると予想通り釣り人は少なく、波止の上には先行者が二人!
共にルアーでのアジ狙いのようで、先端の釣り人に釣果を伺うと

σ(´ρ` )「釣れますか?」

なんちゃん「あっ!こんばんは~」

σ( ̄◇ ̄;) 「あれっ!?こんばんは~」

なんちゃんでした・・・(笑)

バケツの中には少量のアジが入っており、着たばかりとのことでしたので、
早速背中あわせで釣り場を確保し始めてみた。

ロッドはufmウエダのTFL63-S
ラインはナイロン2.5ポンド
リグは風が強いのでビュレットシンカー1/8オンスをフリーでセットし、
30cmほど離してジグヘッド0.5gにワーム(ビームスティック2.2インチ 蛍光イエロー)でスタート

レンジを探るためラインテンションを保ってカーブフォールでカウントをとってみると、
53カウントで“フッ”っとテンションが抜けた!
久しぶりのあじingでしたので、疑いながらあわせてみると
“グッ!”っと小気味良い手ごたえが伝わってきた!
微妙なアジの魚信をとれたことに満足しながら慎重に取り込んだ魚はこれ!



幸先良いスタートに気をよくし、次々とキャストを繰り返す!

潮の動きも良いようで、5匹までは1キャスト1フィッシュで爆釣を予想させていたが、
ピタッと魚信が無くなり、それからは辛抱の釣りとなった。

アジとは言ってもプチ青物ですので、回遊する場所もレンジも小刻みに変わってくる
そのときの泳層を集中して探っていき、レンジに合わせたリグに変更しながら
ポツリポツリと釣果を重ねていった。

しかしこの日のアジは渋いようで、友人も思うように釣果が伸びず、
私も3時を過ぎた頃で15匹の貧果です。

ここで痺れを切らした友人と共に撤収を決め、引き上げることにした。

結果


淋しいもんです・・・(-。-;)

これから水温上昇と共にアジの釣果も上回ってくると思われます。
軽いリグと重めのリグを使い分けて、その日のレンジやメソッドを早く見つけるのがキモのようです。

おわり・・・。

































いったん友人宅まで帰ってくつろいでましたが、
アジの釣果に納得の行かない友人と共に渓流の話が盛り上がってまいりました。

( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!です

直に準備し、今度は渓流に・・・
雨は降ってなかったので気楽に山へと行きましたが、
道中8文目くらいから雲行きが怪しくなり雨が落ちてきました。

現地に着いた頃には大雨となり、車から降りるのさえ躊躇うほどの天気となりましたが、
そこは超アホ達です!迷うことなく車から降りて支度します。(;´Д`A ```

ウエーダーを履いてレインウエアーを着込むと無敵になり、
皆それぞれ目的の渓へと入渓していきます。

水温は計りませんでしたが、手を浸けても冷たい印象は無く、
ささ濁りの影響でアマゴの活性も高めです。
ポイントごとにミノーを元気よくチェイスしてきます!

雨でしたので写真は撮りませんでしたが、
ちょい釣りで8匹ほど釣り上げることが出来ました。

12時も過ぎた頃に空腹と疲労でモチベーションも下がり撤収~

渓魚たちは水温の上昇で更に活発になると思われます。
6月に入ると鮎師たちが本流を独占してきますので、
支流を中心に計画を立てて入渓すると良いのではないでしょうか・・・。

いやぁ~長かった・・・ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
2006.05.27 Sat | アジing | TB:1 | コメント:11
36時間耐久fishing
Updated on 2006/05/21(日)   Category: エギング


金曜の夕方、サップさんからちょいとした用件で電話があった。
んで話はすぐ終わって、話題はすでに釣行のこと…(^▽^;)

私「今日は行かんの?」
サ「もちろん行きます!」
私「んじゃ一緒に…。」
サ「日曜日まで帰りませんよ!」
私「無問題(笑)」

で地獄の釣行が決まった。


山陰側に着いたのが日付も変わる0時頃、
雨は止む予報だが、小雨が降り続いてる。
西よりの風が強かった影響で、波は1m程度だがうねりが強く、
暗闇の地磯は白波を立てて少々荒れていた。

荒れた影響で、ベイトが湾内に押されて溜まってると予想したサップさんの狙いどおり、
静かな暗闇の湾内には尺に近いメバルがロッドを曲げてくれる。



画像は21日の波止で釣った尺モメ

時折60cm程のシーバスもアタックしてきます。


この日も83deepがいい仕事してくれました!
画像のメバルは難なく抜けますし、シーバスとのやり取りも余裕を感じるほどです。
山陰でのメバルゲームにはシーバスが付き物ですので、パワーのあるロッドで挑みたいですよね!

結果、数は釣れなかったものの山陰の地磯でのメバルゲームを楽しませてもらった。



時間が経つのは早いもので、ふと気がつくと4時をまわってる。
ここからはエギングでのランガンだ!

相変わらず止む気配のない雨であるが、雨ゆえに釣り人は少なく
土曜日であるのにポイントは好きに選べる状態だ。

しかしアオリの活性は高くないようで、撃っても撃っても結果が出ない。
いつもの私なら、一級ポイントに立ったらスクールを期待して粘るのだが、
今回はサップさんと一緒であるので、強気のランガン!(笑)
9号線を西に東にと200km程行ったり来たり・・・(;´▽`A``

やっと答えが出たのが、すでに雨も止んだ昼前で、
砂地の底を小さくシェイクしながらズル引きに近いアクションで釣った1.5kgです。


この後、同じようなメソッドで釣れてくるのはコウイカです!

画像はサップさんが釣ったコウイカですが、エギがでかいです!(笑)
5寸のエギを使って引きずり出してました。

その後ランガンを繰り返し、やっと出たのがこれ!

キロアップのモンゴウです。(;´Д`A ```
食べるにはアオリよりモンゴウの方が好きだったりですので、
真面目にモンゴウを狙ったりと、しばしモンキチゲーム♪


画像はサップさんが釣ったモンキチです! やっぱエギがでけ~(笑)

こうなると狙うは「三位一体!イカレンジャー」です。(笑)
真面目にコウイカを狙ったのですが、釣れませんでした。(-"-;A ...アセアセ

サップさんに貰ったコウイカで三位一体の完成です!



日が暮れて、サップさんはエギングに、私はメバルにと・・・
それぞれ分かれて狙って歩きます。

メバルはぼちぼち釣れたのですが、夜になってもアオリの活性は上がらないのか?
釣果は出なかったようでした。

その後、シーバスを釣ったりメバルを釣ったりしながら夜明けまでランガンし、
またまた夜明け前からエギングです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

5時30分に♀の800gが釣れた後、6地50分に足元まで付いて来ましたが
乗せることが出来ずに帰って行かれました・・・(-。-;)

この後は何事もなく、波止に立って釣ってても意識が途絶えてしまいそうなので、
身の危険を感じて早めの撤収といたしました。

いやぁ~長かった~~(自爆)
結果500km走ってました!
下関まで行ったより走ってました・・・。

メバルですが、今後もしばらくは楽しめそうです。
磯の先端まで近付かずに、手前から際を撃つのがミソのようです。

アオリですが、今後水温の上昇と共に釣果も上向いてくると思います。
来週の大潮は期待大ですね!

2006.05.21 Sun | エギング | TB:1 | コメント:30
二度あることは三度目の正直・・・。
Updated on 2006/05/17(水)   Category: エギング
今シーズン、ここまでエギングでの釣行は二度ハズシテル!

昨日も仕事しながら山陰の天気予報を聞いたりと落ち着かない。
仕事に集中できないようじゃ危ない!
と言うことで、山陰に三度目のエギング釣行へ行ってきた。(自爆)

ポイントに着いて海を見ると潮の動きが悪い!と言うか動いてない。
日本海の干満差は少ないって事は知ってるが、
この日は干潮時で17 満潮時でも21と 4cmしか動かない日だった。

予報では、東のち南西の風で、波の高さは1mと言うことだったので、
北東向きのポイントを選択し、先ずはお土産確保にとメバルを狙ってみた。



終わった・・・。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


潮が動いてない日本海でメバルを釣るってことは、
奥様にお小遣いを3000円貰うより難しいことで、
結局シーバスを1匹掛けただけで早々に見切りをつけた。

いざエギングに集中するも、予報より西よりの風が強く、
ラインが横風を受けてはらんでしまう釣り難い状態で、
4号のエギでもラインテンションがとりにくく、釣り難い。
それでも、海水温上昇と墨後を信じて撃ち続けてると
いきなり“ドン!”って・・・

ラインが張れないもんだから、いつ触ったのか?抱いたのか?わからんのです。

とりあえず乗ったんだから巻いてみると、

う・動かんしぃ~

これってWキロ???

って思ってると “ばいん ばいん” “じぃぃぃぃぃぃ~~~”  “ふっっ”

「あっ!いやっ!!」

しばし呆然と立ちすくんじゃいました。

私は4.5号のエギも多用するので、ドラグはかなり強めに設定してるのですが、
ヒラマサにも伸されたことが無いのに、イカごときにのされちゃいました。(-"-;A

これが5時30分(干潮潮どまり直前)の出来事で、その後7時まで粘ってみるも魚信無し。

今日は回遊待ちで頑張ろうと決めてたんですが、
素振りを2時間繰り返してるとさすがに気持ちが折れてきて、
西風が強いのに西向きのポイントへと移動しました。

ポイントに着きテトラに上がると真正面からかなりの強風が吹き付けてきます。
それでも横風よりはマシで、4号のエギをフルキャストし、
ティップを水面すれすれに持っていくとラインも張れるし、あたりも取りやすい。

相変わらず動かない潮で、おまけに強風で流藻が大量に接岸しており
エギを回収するたびに藻が引っかかってくる。
そんな中、狙いを水深5m程度の藻場にかえて、
10カウントからのダート3回 5カウント ダートを繰り返してると、
これもいきなり“どん!”
今度こそ!! “ばいん!ばいん!!”
       “じぃぃぃぃぃ~~~”
       “ふっ・・・・・っ!”

「 あ゛」  

「お~まい すくいっど~~」 

「ポキッ!」

折れました。

竿じゃないです!

完全に気持ちが折れちゃいまして、奥様にメール 「坊主確定(泣)」

釣友のシミーちゃんにもメールで報告

シ「がんばって~3度目の正直♪」

σ(^_^) 「二度あることは三度ある」

シ「 あるある・・・。(笑)」

σ(^_^) 「 Σ(; ̄□ ̄A 」

このとき8時50分で、帰るにも早いしなぁ~ってんで
11時まで粘ってみたのですが、釣れる気はしない・・・。

「早仕舞いで渓流じゃ~」っとすでに逃げ腰でした。

帰りに気になってた波止に寄って墨後でもチェックしとこ!って
寄り道し、釣る気が無いのでのんびりと昼食タイム
ちょうど帰ってきた釣り人に釣果を聞くも「潮が動かずいまいち」とのこと

う~ん・・・
ロッド持って行ってみよって、高い波止に上がり先ずはメバル釣り場をチェック
「ふむふむ・・・あそこに藻があって、あそこが沈み磯で・・・。」
水深・立ち藻・立ち位置などなど___φ( ̄^ ̄ )メモメモ

藻の切れ間の水深を測ろうってんで持ってるエギをキャスト
砂地に落として大体の水深をチェックし、ついでにアクションを加えると



釣れちゃいました♪

耳が欠けてますが・・・(;´Д`A ```

殺気が無いエギング大成功~(自爆)

って今までの苦労はなんだったんだ???

キロちょうどありましたので、これで‘06キロラー’に昇格です。(笑)

結局目的であった波止の先端までは行かず、速攻で帰路につきました(爆)

ちなみに釣れたのは12時45分で、満潮の潮どまり前でした。




浜田から自宅まで3時間くらい掛かるのですが、
前日もほとんど寝ずに行ってるし、足場の悪い所で9時間しゃくり続けてるので
帰りの道中はとても眠くなるのです。

一時間くらい走ったところでいつものように眠くなってきたので、
素直に寝ればよいのに、ロッドを持って渓流へと降りていきます。(爆)

渓流は裏切りません!
流もあるし魚も居る!(笑)
冷たい水の中に立ちこんで、しばしヤマメと戯れてると疲れを忘れます。

一番楽しめたのはこの子です。


西中国山地名物のゴギです。

岩魚ですが、普通の岩魚とは少し違ってて、
サバのような唐草模様が頭の上まであります。

アップで見ると


よくわかるでしょ~
獰猛な歯をしてます。

25cm程度ですが、この子が何度でもアタックしてきますし、
結構ファイトするんです。

楽しい渓流ですが、やはり40歳の体力にも限界があります。
釣りを止めて山菜を採ったり、


臨戦態勢の蛇の写真撮ったり


いろんなことをして楽しんでみました♪

釣況ですが、アオリは今後水温の上昇と共に釣果も安定してくると思います。
渓流は水温も13度まであがってて、瀬にも活発に出てますので、
これからますます上向いてくると思われます。


2006.05.17 Wed | エギング | TB:1 | コメント:19
二回目も・・・
Updated on 2006/05/12(金)   Category: エギング
浜田にエギング行きました!



またまた釣れませんでした。


ふぅ~

アオリよ何処~~


本日の釣果

50cm程のセイゴ
28cmのメバル




注目すべきはこれ!



フックを見てください

このサイズになると、掛かり所が悪かったら釣り上げるたびにフック交換の必要ありです。

換えのフックは多めに持参しましょう。
2006.05.12 Fri | エギング | TB:1 | コメント:10
今期初
Updated on 2006/05/09(火)   Category: エギング
浜田にエギング行きました!





釣れませんでした。

終わり・・・。(;´▽`A``


本日の釣果

ヤマメ 3匹
アマゴ 2匹
2006.05.09 Tue | エギング | TB:0 | コメント:5
GW
Updated on 2006/05/05(金)   Category: 渓流釣り
人並みにGWの連休が取れたので、奥様と共に吉和村でキャンプを楽しんできました。

滝上から滝壷


吉和村でのキャンプは年中行事の一つなのですが、就職した息子は別行動だし、
受験生の娘は「自宅で勉強する~」ってことで、奥様と二人きりになりました。(;´▽`A``

釣りキチの仲間が羨むほど仲の良い夫婦なのです・・・。

でも、そこは釣りキチです!
着いたら早速ロッドを持って渓流へと・・・(自爆)



22cm~28cmのアマゴです!
貴重な食料ですので、この日はキープいたしました。

キャンプの醍醐味!?と言うと、昼から焼肉でビールです!(笑)
その片隅で焼いて食べるアマゴの美味いこと・・・。

程よく酔っ払うと、次に手にするのは何故か?ロッドです。(自爆)

とは言っても酔っての釣りは危ないので、橋の上からアイスジグを使って


この子と遊んでみたりして・・・(笑)
解からない人のために・・・ウグイです! イダです!!
結構楽しいですよ~





二日目はキャンプ場を4時に抜け出し、夜明けと共に入渓です♪

ラッキーなことに、ufmウエダやタックルハウスのFテスター・グラシーズのFアドバイザーで有名な松木君からお誘いを受け、芸北町の源流へと向かいました。



さすがと言うか、ナイスな笑顔ですよね~

この日は一つの課題のために源流部へとひたすら登っていきますが、

結構ハードです!(^▽^;)

もちろん道はないです!

川幅は1.5mに満たないし、倒木や流木でポイントはひじょうに狭いっす!

そんなポイントでもゴッドハンドの神業で“ズバッ”っとミノーを振り込んでいきます。

 

どうです!?この景色
熊が出そうでしょ~(笑)

半日同行させていただきましたが、とても勉強になる入渓でした。






最終日は朝から一人で支流部へ

9時半ころからペリカン君も合流して本流へと・・・

結局奥様はほっとらかして、渓流三昧の3日間でした・・・(自爆)

水温ですが、本流で12度 支流で9度 源流で7度です

本流域では瀬に出てるアマゴもいましたので、6月に入るまでは本流も楽しめそうですよ!
2006.05.05 Fri | 渓流釣り | TB:1 | コメント:18